収益物件を購入して投資を始めよう|リスクを分散する方法

一軒家

中古物件の確認ポイント

お金

人気が高まっている中古の収益物件ですが、購入する際には建築確認申請の日付と1階のセキュリティをよく確認することが重要です。建築確認申請の日付を確認することで、耐震性の高い収益物件を購入することができます。1階のセキュリティを確認することで、収入を安定させることが可能です。

詳細を読む

青色申告を利用しよう

マンションの模型

事業的規模を満たすよう物件を選ぶことが収益物件を購入する際には重要です。事業的規模を満たすと青色申告を利用できるため、様々な恩恵を受けることができます。青色申告による税務戦略を取り、安定した賃貸経営を行うようにしましょう。

詳細を読む

今後発展の可能性あり

一軒家

東京には劣るが需要はある

不動産投資といえば東京に一極集中しています。その理由は日本全国では人口が減少し不動産の需要が落ち込んでいるからです。しかし東京は逆で人口の流入と不動産の需要が高まっています。その証拠として東京の地価は増加傾向にあります。この傾向は東京、特に23区内で顕著ですが、他の都市でも規模こそ小さくなりますが、存在します。その一例が大阪です。日本第二位のとして関西地区にある大阪でも都市部への単身世帯の流入はあります。そのため大阪でも収益物件を確保することは可能になります。しかし東京と異なり駅前であればどこでも構わないということではありません。大阪環状線界隈の特に中心部に近いところに限られてしまいますが、収益物件は確実に存在します。

利益率が高い

大阪は東京に比べて、利益率が高いメリットがあります。東京よりかなり安く不動産を購入できることがメリットであるのに対し、家賃収入は東京都大差ないのです。そのため利益率が高く多少の空室のリスクもカバーすることができます。そして大阪では、家賃にこだわる人が多く同じ建物でも家賃の安い階下のほうが人気があります。そのため利益率を少し圧迫させることになりますが、家賃を下げることによって需要は確実に向上する仕組みがあります。そのため東京で一つに収益物件で不動産投資を行うより大阪で複数の収益物件を確保し、運営したほうがリスク分散の効果も伴うメリットもあります。東京では飽和状態になりつつある不動産投資は大阪でいち早く展開するほうが賢い方法なのです。

売却を見据え購入しよう

アパート

収益物件を購入したいと考えたとき、売却を見据えた出口戦略を立てることが重要です。売却を見据えることで、売却損を抱えない収益物件を購入することができます。人気のあるエリアにあるか、維持管理費を抑えることができるかを確認し、売却しやすい収益物件を購入しましょう。

詳細を読む

Copyright © 2016 収益物件を購入して投資を始めよう|リスクを分散する方法 All Rights Reserved.